ご質問2

契約書がないと売掛金(請負代金、賃料など含む)の回収はできない?

 

解答  回収できることもあります!

売掛金の回収をどこかに相談した際に、

「契約書はありますか?」

と聞かれたことありませんか?

 

しかし、

「これまで信用してきたから、契約書なんて作ってない」

「業界の慣行・習慣で、契約書なんていちいち巻かない」

という方もたくさんおられます。

では、契約書がなければ、相手方に請求できないのでしょうか?

 

一部を除いて、契約は口頭の合意だけで成立します。

ですから、法律上、契約書が必須と言う訳ではありません。

しかし、いざ支払ってもらえないとなると、その請求をするために、根拠や証拠が必要となってきます(中には、そんな契約なんか知らない!ととぼける人もいるでしょう)。

そのために、

「契約書はありますか?」

と我々はお尋するのです。

 

ただ、「確かに契約した!」ということを証明するのに、「契約書」以外のものでもできる場合があるります。

契約があることをうかがわせるものがあれば、それをお持ちいただければと思います。

例えば、

「注文書」、「納品書」、「メモ」、「銀行口座(入金があるもの)」、「メール」

などです。

 

ですから、「契約書」がなくても、すぐに諦めず、一度ご相談下さい!

契約の存在を証明する他の手段を考えさせていただきます。

 

ただし、「契約書」は、やはり強力な証拠であることも、再度ご認識いただければと思います。

 

 

 

中小企業の法律相談は東大阪・八尾 中小企業法律相談へ!

 

ImgLH1.jpg

 

Copyright © 2015 弁護士法人ⅰ本部東大阪法律事務所、奈良法律事務所 All Rights Reserved.